ENGLISH

NEWS

イベント告知

第Ⅲ期受講生にエントリーされている、ナオライ三宅紘一郎さんが日経新聞にて紹介されました

2016.08.04

若者の日本酒離れが進む昨今、酒蔵が生き残っていくために、外国でも愛される日本酒の開発に取り組んでいるナオライの代表取締役である三宅さん。

中国で反応のよかったレモン酒を手がかりに、スパークリングレモン酒を開発し、2015年には三角島や近隣農家のレモンを使ったスパークリングレモン酒「MIKADO LEMON(ミカドレモン)」のインターネット販売を開始(国内のみ)、今年の秋にはデザインなど一部を変更し外国にも売り込んでいかれる予定です。

ナオライの本社を、素材となるレモンが育つ瀬戸内海に浮かぶ三角島(広島県呉市大崎下島町)に置き、ご自身でもレモン栽培に取り組んでおられます。また、レモン収穫などのワークショップなども実施されており多くの若者たちが三角島にやってくることで、島の活性化にもつながっているとか

 三期生としてEDGEプログラムに参加されるのをこころよりお待ちしております!

☆記事全文はこちらから→http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05296390W6A720C1LC0000/


EDGEプログラムには、色々な分野・年齢・性別の方々がエントリーされています。

刺激的なプログラムになること間違いなしですね☆


PAGE TOP